img_02

木造住宅・防音室

戸建・賃貸併用・2世帯住宅の生活騒音からピアノ防音室まで
木材と防音材を組み合わせて、費用対効果の高い仕様・施工を追求します。


木造の楽器防音室(ピアノ、ヴァイオリンなど)の基本は、木材という吸音性のある構造、適度に音が響くという特長を生かすことです。
防音職人では、無理のないコンパクトな音響・防音仕様 に基づき、室内を余り狭くしない工夫を行い、間取りや周辺環境を考慮して、演奏時間帯に応じて遮音レベルを設定します。


また、吸音性や制振性のあるシージングボード、構造用合板などを駆使して防音・音響効果を手軽に追及できる工法を採用することにより、 快適な木造防音室を確実に施工できるように工夫しています。
さらに、木造と相性の良い防音材を使用することによって、薄くてコンパクトな生活防音を実現することができます。
→ 薄い防音室・施工のメリット
→ ヴァイオリン防音室の留意点

【木造防音の関連記事】

木造家屋(戸建住宅、2世帯住宅、ピアノ教室など)は、生活騒音対策・楽器防音室に限らず、構造的補強や補修を目的とするリフォーム工事を 実施しやすい建物です。
マンションなどコンクリート構造の建物に比べて遮音性能は低いですが、木造は柔軟性・吸音性に富んだ構造のため、 この特長とマッチした防音リフォームを行うと格段に遮音性能がアップします。
→ 『 薄い防音構造 』

防音職人では、防音室の新築計画、リフォームの参考になる豆知識やエピソード、担当現場の事例、防音材の関連情報についてホームページ、 ブログにおいて随時ご紹介しています。
→ 『 防音職人だより 』