防音のテーマ・スキーム

防音通信Home >対策テーマ・スキーム

木造住宅と音楽防音室

木造住宅は、高気密高断熱機能を強化する一方で、従来型の戸建住宅よりも遮音性能が低下してきました。主な理由は外壁内部に充填される発泡断熱材、外壁材の面密度低下によるものです。
加えて機械設備による換気システム・配管が音漏れの抜け道になり、配管そのものが固体伝播音の音漏れを酷くする工法もあります。
*床及び壁が共振したり、換気口および床下配管から固体音が筒抜けになるなど、木造防音室には向かない不利な工法です。

便利な設備・機能を導入した反面、従来工法の住宅など木造家屋がもっていた性能が失われてきたと言えると思います。

防音職人では、木造防音室には従来型の伝統的な木造軸組・通気胴縁工法を推奨しています。

当サイトでは木造住宅の特長を活かした防音室、生活防音の事例や基本的な知識を投稿していきたいと考えています。少しずつコンテンツを更新しながら、事例記事などを投稿していきます。

遮音設計マニュアル、特許申請事例・音響学会等の研究レポート、筆者(このサイトのウェブマスター)の実践経験などを勘案して木造防音室(ピアノなど楽器やオーディオ・シアター)及び住宅の防音対策にアプローチします。
木造防音室のトピックスはこちらです。
木造防音とピアノ防音室もご参照ください。

音響・防音設計の補正

住宅や防音室の音響・防音設計マニュアルは古く、担当現場での検証や音測定データなどを分析して補正する必要があります。
とくに薄い防音構造を構築するための技術は最新の防音材を活用した事例などを分析して、新しい防音施工仕様を補正して確立することが重要です。
また、設計施工上の留意点を順守することが、適正な防音効果を担保することになります。

防音の検討スキーム

防音職人では、以下のような情報および実践的研究を踏まえて、対策の立案・設計、コンサルティング(無料相談を含む)を行っています。出来る限り生活空間を狭くしない薄い防音構造で対処しています。

地道な研究と、実体験を含めた現場の検証や他分野の技術を含めた情報分析が我々「防音職人」の特長です。メーカーの申告データを鵜呑みにすることはありません。