木造軸組在来工法の特長と音楽室

木造軸組在来工法は、ピアノ・オルガン・チェンバロ・ヴァイオリンなど音楽室の音響に最適な建物構造です。木材そのものが良質な音響素材と言えます。
国内外のプロピアニストが「木造在来工法の建物は全体で鳴り響く楽器のようだ」と言う体感は、木材の特長と軸組の適切な補強などが生かされて初めて実現されるものです。

木造軸組在来工法のピアノ室・音楽室の事例および方法論・留意点については、次のページをご参照ください。
→参考: 木造軸組在来工法のピアノ室(外部リンク)


建物全体で音響・防音効果を高める構造

木造軸組在来工法は、「外壁内や床下・天井裏空間における吸音層と通気層が共存する構造」であり、これを有効活用することで防音効果を高めることが可能です。
また、リフォームや改修・補修がしやすいので間取り変更、耐震補強も容易に出来るなど可変性に富んだ木造建物です。
天井・床構造


ピアノ音楽室としての適性

木造軸組在来工法は、ツーバイ工法に比べて壁と床の共振が小さく、適度に音が響く特性があるので、軸組補強や無垢材など木製品を活用することにより音が伸びるような音響が創出できます。

これは特にプロが演奏するグランドピアノの練習室やピアノ音楽教室として重要な特長です。
木造の構造的な特性や木材の性質・効果を最大限に活かせるのが木造軸組在来工法であり、木造と相性の良い防音材を併用すると優れた音響・防音性能が確保できます。


音楽教室のウェブサイト

音楽教室・楽器演奏などのウェブページです。


新築等の防音計画のセカンドオピニオンは次のページでご相談下さい。

相談
    
※当ウェブサイトは防音職人が運営しています。 |Home